【DSPアンプで音質向上】BMW用prima接続ケーブル【新商品】・ほか

こんばんは、インストーラーの勝利です。

まだまだ暑いですね。
少し前までとは打って変わって湿度が高くなりましたね。

最近サブウーファーのページを更新しました。(まだ書きかけですが…)

パワードサブウーファーの66セット、77セット、99セットとちょこっとだけ揃えました。
あとウーファーBOXと外部パワーアンプのセットも書いています。

まだ空いてるところが多いですが、少しずつ埋めていきますので…。

 

さて、今日はaudisonの輸入代理店であるTRUIMさんの人が来てくださり、
BLAMのsignatureシリーズのスピーカーと、audisonの新しい接続ケーブルについていろいろと聞かせていただきました。

特にaudisonのBMW用接続ケーブルがかなりよさげです。

どんなものかと言うと、BMWの純正アンプのカプラーに接続して、ダイレクトにaudisonのDSPアンプ、primaシリーズに接続できるというケーブルです。
つまり、クルマ側の配線は一切加工せずにprimaのDSPアンプが接続できます。

加えて、通常BMWにDSPアンプを装着する場合、純正アンプのハイレベル出力にDSPアンプを接続するのですが、
このケーブルを使うと、純正デッキからのローレベルの信号を直接DSPアンプに入力することが出来ます。

そして電源も、純正アンプの12v電源をそのまま使用するので、バッ直を引いたりする必要もありません。

長々と書きましたが、要するにDSPアンプの装着が格段に楽になるという訳です。ということは工賃を抑える事ができます。
車両へのダメージもありません。カプラーを純正アンプに戻せば、純正状態に戻ります。

このケーブルのお値段は\15,000。ちなみにprimaのDSPアンプが\76,000からです。
このDSPアンプは消費電力も少ないのでちょっとエコです。

BMWの音質は非常に芳しくないことで有名ですので、音質に不満がある場合はこういうDSPアンプを使って、ちゃんとした音調整を行ってあげることも一つの手です。

 

さて、最近の入庫車両は…。

プジョー306のスピーカー交換。キッカーのCSシリーズのセパレートです。

 

純正ドアスピーカーが、超極薄でびっくり。

 

そして常連様のF様のセカンドカー?サードカー?のbB。

ラゲッジにウーファーBOXとスピーカーをカスタムインストールです。

 

 

Tokyo Machineという方をご存知でしょうか?

9月に初めて来日するそうです。
僕の一番のお気に入りはこれです。

Spotifyでmonstercatの曲は結構プレイリストに入れて聞いているのですが、その中でもかなり特徴的な曲だと思ってます。

サングラスとマスクがちょっと可愛らしいです。

 

今日はそんなところです。

ではまた!

Follow me!

投稿者プロフィール

shori
shori
VICTORYでカーオーディオインストーラーやっています。
ETTAインストーラー2級っていうカーオーディオインストーラーの資格を取得しました。
まだまだ駆け出しですので至らない点もあるかと思いますがよろしくお願いします。

Full Digital Sound デモカー試聴できます!

Clarion社から、「音声信号を、プレイヤーからスピーカーまで全てデジタル伝送」する、
「フルデジタルサウンド(通称、FDS)」という画期的なオーディオシステムが発売されました。
VICTORYでは、このFDSを装着したデモカーもご用意しております。
軽くて省電力なシステムなので、スポーツカー等にも最適なシステムです。