最新盗難手口リレーアタック/リレーアタック対策の勧め

ご注意ください、新しい手口での車両盗難の被害が増加しています、日本でも徐々に知られるようになり、少しずつ被害が増加しています

その新しい盗難手口とはスマートキー搭載車を狙う新しい盗難方法で、リレーアタックと呼ばれています。。

スマートキー搭載車とは?

スマートキーとは車のキーを持った状態でドアノブに手をかけると施錠 解錠するあの便利な機能です

更に、キーを持った状態でエンジンスタートボタンを押すだけでエンジンがかかります。※各メーカー様々な名称がありますが、ここではスマートキーと呼びます

スマートキーの仕組みを簡単に説明すると、車両とキーは常に超短距電波を発信/受信していて、車両とスマートキーが通信できる距離まで接近し、認証IDが一致した場合のみ

ロック、アンロックの動作やエンジンスタートが可能になります。

認証IDのコピーや偽造はほぼ不可能で高いセキュリティ性能があります。

この高度なやりとりがスマートキーに内蔵されたイモビライザーというセキュリティシステムです

つまりスマートキー搭載車両とキーは、常に認証IDを発信し続け、常に受信し続けているのです

その仕組みを逆手に取り、イモビライザーを無効化してしまうのがリレーアタックと呼ばれる最新の盗難手口です

リレーアタック とは?リレーアタックの具体的な手順

簡単に説明するとキーから常に出ている認証IDの電波を特殊なツールを使い、増幅、送信、を繰り返しリレーする事で離れた場所でも車両とスマートキーを認証させ解錠するのがリレーアタックです

手順としては、まず窃盗犯は複数人で役割を分担し、犯行に及びます、

まず一人が車の持ち主に近づき電波をキャッチします、二人目以降は電波を増幅し中継(リレー)します、何人かでリレーをして車の近くまで電波を届け

車を盗む実行役が車両を盗み出します。一度エンジンがかかってしまうと、キーはもう必要ありません、そのままガソリンが無くなるまで走り続けることが出来ます

安全な場所まで運び、スマートキーがなくても扱えるように細工を施し、多くの場合がすぐに海外へ輸出されるか、分解して部品として販売されます。

 

純正キーで解除したのと同じなので、事件の証拠が残りにくく、実体の把握が困難ですが被害は今後さらに拡大すると予想されています。

 

リレーアタック対策

リレーアタック対策として簡単なのはキーから出ている電波を遮断する事です、(電波遮断ポーチ等にキーを入れる等)

しかしそれではスマートキーの利便性を丸ごと削る事になりますし、ポーチからの出し入れも面倒です

2つ目はセキュリティを取り付ける事です

もちろんリレーアタックを防御出来ます、しかし、スマートキー連動タイプのセキュリティは、打ち破られてしまいますので

必ずセキュリティのリモコンでロック/アンロックの動作をさせるシステムが必要です

上記2つは防御を出来て当たり前ですね

理想はスマートキーの利便性を損なう事無く、リレーアタックを防御することです

もちろん可能です。様々な方法をご用意しています

セキュリティ取付はもちろんの事、リレーアタックだけをブロックしたい、などニーズに合わせて色々なご提案が出来ます

気になる方は一度お問合せ下さい

Follow me!

投稿者プロフィール

社長
社長
VICTORYの社長をしている大下峰晴です。
パソコンは苦手なのでスタッフにお任せです(^^;)
でもひとりごとは書いてます。

Full Digital Sound デモカー試聴できます!

Clarion社から、「音声信号を、プレイヤーからスピーカーまで全てデジタル伝送」する、
「フルデジタルサウンド(通称、FDS)」という画期的なオーディオシステムが発売されました。
VICTORYでは、このFDSを装着したデモカーもご用意しております。
軽くて省電力なシステムなので、スポーツカー等にも最適なシステムです。