入庫車両・取付例

トヨタ86 KICKERサブウーファーBOX制作!

  1. HOME >
  2. 入庫車両・取付例 >

トヨタ86 KICKERサブウーファーBOX制作!

こんばんは!VICTORYの勝利です。

近頃は暖かくなってきましたね~。ピットのエアコンもOFFの日が多くなってきました。

さて今回は、先日作業させて頂いた86をご紹介します。

過去にトランクに15インチサブウーファーや、ドアアウターバッフルなどを制作させて頂いた86。

今回さらに重低音をプラスするため、セカントシートを撤去してウーファーBOXを制作します!ガッツを感じますね^^

今回取り付けするのはこちら。キッカーの12インチサブウーファーx2。

これを、セカンドシートを撤去してできたスペースに、バスレフBOXを制作して設置します。

バスレフって何?というお話ですが、一番平べったく言うと、穴が開いてるウーファーBOXです。

左が一般的なシールド(密閉式)ウーファーBOX。

右がバスレフウーファーBOXで、ポートと呼ばれる通気口のようなものがついています。

通常ウーファーBOXを制作するとき、サブウーファーに合わせてBOX容量を計算して作りますが、

バスレフの場合は容量の他にポートの長さや面積も計算して制作する必要があるので、手間がかかります。

その代わり、ちゃんと計算してBOXを作れば、音圧や音質の面でシールドBOXと比べて理があります。

例えば音圧協議のdBドラッグレーシングの競技車両なんかも、すべからくバスレフBOXで造られていますね。

 

話がそれましたが、今回もちゃんと綿密な(笑)計算をしてBOX制作を行います。

こ~んなに大きなBOXを作ったのも久しぶりかも?

BOXを作ったら、内装に合わせて化粧パネルなどを制作。側面にはアンプを設置です。

ものすごい存在感です。

今回はLEDも設置しましたので、夜はキレイに光ります!

以上、86へのウーファーBOX制作でした。

キッカーはオーディオメーカーの中でもBOX入りのサブウーファーを数多く取り揃えていますので、

最近はそれを使用する事が多いですが、こういったカスタムインストールはオリジナリティを求める方には最適ですね^^

今回はご用命ありがとうございました!

サブウーファーのカスタムインストールはVICTORYにお任せください!

 

今日はそんなところです。

ではまた!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shori

大下勝利と言います。 VICTORYでカーオーディオインストーラーやっています。 ETTAインストーラー2級っていうカーオーディオインストーラーの資格を取得しました。

-入庫車両・取付例
-,

Copyright© カスタムカーオーディオVICTORY , 2021 All Rights Reserved.