入庫車両・取付例

C-HRにアウターバッフル制作・ほか

2018-06-16

  1. HOME >
  2. 入庫車両・取付例 >

C-HRにアウターバッフル制作・ほか

2018-06-16

こんばんは、インストーラーの勝利です。

アウターバッフル制作でお預かりしていたC-HR。本日納車です!

インナーバッフルでスピーカー交換してからわずか一週間足らずでの入庫でした。ありがとうございます。

 

ところで、アウターバッフル制作な訳ですが、オーナー様はスピーカーの保護がちょっと心配な様子。

そういった時はスピーカーグリルを使う訳ですが、このスピーカーにはグリルが付属してません。

ではどうするか??

 

何の事はありません。ステンレスバーを使ってグリルを制作します。

9mmのMDFで枠を作るつもりでアウターバッフルを作ったらステンレスパイプの直径を考えてませんでした。

なのでバーの固定部分を少し厚くしたらいい感じ!カッコよく、なおかつさりげなく。

 

純正ドアパネルの写真は撮っていない(というより撮り忘れた)ので完成写真です。

右側も。

どアップ。

純正ドアパネルのスピーカーグリルみたいになってるとこがやたら広いのでアウターバッフルも巨大化。

適度にエモい程度のちょうどいいバランスを目指して作ってました。

どうでもいいけど「C-HR」って入力するときいつも横棒の場所どっちだったかわからなくなりませんか?僕はなります。

 

さて、以下は蛇足ですが…。

 

いつものM様のCX-5に、ドラレコ内蔵のレーダー探知機「Z810DR」を取り付け。

電源を入れて説明書を見ながら設定画面を開いて。
元の画面に戻ってカメラの映像に切り替えようとしたら切り替わりません。

ピロンと音は鳴るけど切り替わりません。

「???」と思いながらよく見ると、「検問エリアLv3」と出ています。

確かにお店の前の道路にはしょっちゅう警察がいて微妙に信号無視な車とかを追っかけてますが
まさかそいつのせいで切替ができないのかい??困ったな…。

起動してすぐの状態なら映像が見えるのでいいのですけれどね。

この話に特にオチはありません。

 

最近またnanobii氏の曲を聴いています。

日本ではあまり耳にする名前ではないですが、とっても大好きなコンポーザーさんです。
脳みそがとろけそうになります。すこ。

 

今日はそんなところです。

ではまた!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-入庫車両・取付例
-,

Copyright© カスタムカーオーディオVICTORY , 2020 All Rights Reserved.